てんかんは発作を繰り返す脳の病です。発作が起こる年齢は3歳以下が多いと言われていますが60歳を超えた高齢の方にも多いと報告されています。これからご紹介するのは、てんかん発作の治療薬についてお伝えします。

てんかん発作の原因と発病する年齢

てんかん発作は突然全身が痙攣してしまうような症状があらわれます。
特徴としては一度だけではなく繰り返しておこることです。
てんかん発作の原因はいろいろありますが、ひとつは過去に脳になんらかの障害が発生したことがある場合で、例えば脳炎や脳梗塞、脳に対する外傷などが原因です。
もうひとつは原因がわからないものです。

このようなてんかん発作が発症する年齢ですが、基本的には乳幼児から高齢まで発症することがあります。
そのうち3歳までに発症することが多く、18歳以下がほとんどと言われています。
年齢が増すごとに発症する確率は低くなってくる傾向があります。

発症する確率は100人に一人と言われています。
急に発症するためになにが起こったのか本人はわからない状態です。
そのため本人に自覚症状がなく、その内容を説明することができません。
それを見ていた人から教えてもらうことになりはじめはかなりショックは大きいです。

しかし治らない病気ではありません。
まず検査を行うことが必要で、主な検査は脳波検査、MRIなどの画像検査、血液検査です。
そして薬を飲んでコントロールすることができる症状でもあるのです。
そのためにはそのままにしないで、きちんと医師による診断を受けることが大切です。
自分では症状が説明できないこともあり、家族や状況がわかる人と一緒に診察にいって正確に伝えてもらいます。

若い年齢から発症することもあり、長期間治療を行う必要もあります。
てんかん発作について正しく理解をして根気よく治療をすることです。
薬でコントロールができるようになれば日常生活もいくつか注意をすることで生活できるようになります。
またほとんどの職業につくことも可能なので医師と相談することが大切です。