てんかんは発作を繰り返す脳の病です。発作が起こる年齢は3歳以下が多いと言われていますが60歳を超えた高齢の方にも多いと報告されています。これからご紹介するのは、てんかん発作の治療薬についてお伝えします。

てんかん発作の症状と治療薬について

てんかんというのは脳細胞において異常な刺激が発生することで発作が起こるもので、このような症状が繰り返し起こります。

てんかん発作の原因は脳になんらかの障害を起こしたことがあるような場合で、脳炎や脳梗塞、頭を強打して意識を失ったことがあるなど脳に対する外傷などが主な原因です。
また原因が特定できないものもあります。

てんかん発作は幼い頃から発症する例が多いのですが、このような場合は徐々にその頻度も減り治癒する確率が高いものです。

また成人になってから発症する例もありますが、いずれの場合も医師による診断を行い治療薬によってコントロールすることが可能なのです。

てんかん発作は大きく3つの症状に分けることができます。
それは強直発作と欠神発作と部分発作となります。

強直発作はけいれんと同時に意識を失う症状です。
欠神発作はけいれんをともなわない意識消失が主となる症状です。
部分発作は意識障害や異常行動を起こす症状です。

これら症状によって治療薬は変わってくるのです。
治療薬は脳細胞に異常な電気信号が起こることから、その活動を抑えるようにするもので、これら治療薬は適切に使用することが大切で自分の判断で量を変えたり、服用をやめたりしないことです。
医師の診断のもとに処方された治療薬をきちんと続けることです。

また治療薬を処方するため脳波やCT、MRI、血液検査などを行いますが、てんかん発作を起こした症状や頻度を適切に伝えることが大切です。

できれば日時や発作を起こしている時間や状況を記録しておくことです。
本人は意識を失っていることが多いため家族やその場にいた人が協力することでより適切に診断を行うことができるようになります。